バッタもん日記

人生は短い。働いている暇はない。知識と駄洒落と下ネタこそ我が人生。

懲りずに島耕作シリーズのタイトルで遊んでみる

私は島耕作シリーズのファンではないので、あの作品が今後どのように展開するのについては全く関心がありません。それでも時々雑誌を立ち読みしておりまして、島耕作が社長を辞任しそうなので続編のタイトルは「会長 島耕作」ではないかと噂されていることぐらいは知っております。そこで、性懲りもなく前回同様にタイトルで遊んでみます。はっきり言ってしまえば、この記事の便乗です。

自嘲島耕作:「どうせ俺なんか」と愚痴をこぼしてばかり
院長島耕作:患者やナースに手を出してばかり
延長島耕作:いつまで連載を続けるのか
幻聴島耕作:遂に薬物に手を出した
村長島耕作:住民の一割ぐらいが愛人と隠し子
出張島耕作手塚治虫の「スター・システム」のように作者の他の作品にも登場する
刑事長島耕作:事件の関係者に次々と手を出す
番長島耕作:高校を暴力で支配していた
増長島耕作:出世したら偉そうになった
火葬島耕作:サラリーマンの頂点に上り詰めた後に死去した
下層島耕作:失業して生活保護を受給する羽目に
下降島耕作:作品の人気も作中での地位も落ちて行く一方
歌謡島耕作:演歌歌手デビュー
可動島耕作:フィギュア発売
無精島耕作:息をするのも面倒だ
武装島耕作:銃刀法違反で逮捕
武闘島耕作:ライバル企業に殴り込み
武道島耕作:精神を鍛えても女好きは治らない
写経島耕作:煩悩を断ち切るために仏門に入るが尼に手を出す
斜陽島耕作:会社も業界も景気が悪化する一方

今回も検索したら半分ぐらいはヒットしました。世の中はやはり広いようです。
こんな下らないことより日本の米と主食の話を書きたいのですが、最近また大量に資料を手に入れたので、収集が付かなくなっております。書けるのはいつになるやら。