バッタもん日記

人生は短い。働いている暇はない。知識と駄洒落と下ネタこそ我が人生。

祝! 広島カープ定位置脱出!

広島カープが全日程を終了し、セ・リーグで4位に終わりました。
4位ですら4年ぶり(2008年以来)ですので、大健闘というべきでしょう。
夏に妙に調子が良かったので、もしかしたら3位に滑り込んでクライマックス・ステージに進出できるのでは、などと甘い期待を抱いておりましたが、8月、9月に急降下して結局はBクラスに終わりました。
あとは前田健太沢村賞を取れるかどうかが関心事です。
今年は投手陣が健闘しました。10勝投手が2人出ましたし、チーム防御率も悪くありません。
逆に打撃が不調でした。4番の栗原健太が復帰すれば少しは改善されるかもしれません。
選手全体が若いので、来年に期待です。

一方、気になるのが阪神タイガースです。
私は小学生の頃に、甲子園球場の近くに住んでいたことがあります。しかしその時期はまさに「暗黒時代」で、地元では阪神タイガースと言えば弱いもの、情けないものの代名詞でした(あくまで私の周囲です)。
そのため、私は最初からタイガースというチームには興味がありませんでした。弱い上に、「神様仏様バース様」の退団の際の球団側の醜態を見て、このチームはダメだと子供心に思ってしまったので。
10年前にリーグ優勝した時は、「これは何かの間違いだ。いずれ定位置に戻るだろう」と思っておりました。どうやらこの予想は当たらずとも遠からず、となりそうな気がします。暗黒時代の再来が冗談ではなくなりつつあるのではないでしょうか。